車買取へローン中でも依頼できますよ。

ローン中でも車買取してもらうためのマル秘方法とは

車買取はローン中でも買取してくれますよ!
ローン中の車買取

 

 

車を買う時、大抵の方は「自動車ローン」を利用します。

 

自動車ローンで車を購入した時、ローン中はその車の名義人はローン会社や銀行となります。

 

自動車ローンの仕組みを簡単に言えば、
車の持ち主(ローン会社や銀行)にお金を支払い車を借りている、そんな状態になるんですね。

 

なので、ローン中に(払い終えないままで)他の車に乗りかえたい、車買取してもらいたい、となった時、少し面倒な状態に陥ってしまうんです。

 

というのも、自動車を売却するためには、
車の持ち主であるローン会社や銀行から自分へと名義変更をする必要があるんです。

 

名義変更をするためには、自動車ローンを完済しなければならないんです。

 

つまりは、車買取価格がローンへの残金を上回る場合は、売却したお金でローンを返すことも可能になります。
けれども車買取価格がローンの残金を下回る場合は、名義を変更できない、ということになるんです。

 

そうなると諦めるしかない、ってなりがちですが、
実は自動車買取店によっては途中の残ったローンを完済するための残債ローンなるものが存在しており、
残債ローンによって一気に支払うことにより、名義を変更することが可能です。

つまり、ローン中でも車買取はしてもらえます。

 

とはいえ、売却後もローンの支払いはもちろん続きます。
新車を購入した場合は、新車のローンと売却した車のローン、両方払わないといけなくなるので注意が必要です。

 

 

⇒ローン中でも買取してくれる車買取サイトはこちら♪