車買取業者は10万キロを超えた車でも買取します。

車買取は10万キロを超えた車もOK

車買取で高く買ってもらえるのは、一般的に高年式、低走行の車、
つまり、新しく、走行距離の短い車ほど高値がつくというわけです。

10万キロを超えた車

 

10万キロを超えるあたりから、急に車買取額が下がってくる傾向にあります。 

 

「過走行車」とも呼ばれるこれらの車は、
各パーツが劣化してきてメンテナンスが必要になってくるため、
中古車としての需要も少なく、とても低い査定額だったり、
廃車手続きもしておくからということでタダで引き取りだったり
ということになりがちです。

 

自分で廃車にすると、手間と費用がかかるのし、
どうすればいいのかもわからないので
タダなら引き取ってもらおう、という人も多いのではないでしょうか。

 

自動車を廃車にする場合、費用はかかりますが車検がまだ残っている場合などは、納めていた自動車重量税や自賠責保険の還付金というプラス分もあるのです。

うっかり損をしないようによく考えたいところですね。

 

10万キロを超えたRV

廃車買取の専門業者に買取をしてもらう方法もあります。
この方法なら、自動車重量税や自賠責保険の返還もした上で、
廃車の買取をしてくれるので、お得です。

 

これらの業者は、リサイクルで車のパーツや金属を再利用するために
買い取ってくれるのです。

 

海外で人気のRV車・大型四駆などは、国内の販売ルートではさばけなくても、輸出用として買取をしてくれる業者もあります。

 

 

 

走行距離10万キロって、本当に自動車の「寿命」なのでしょうか?

10万キロを過ぎても買取OK

確かに、一般的に自動車の各パーツの修理や交換が必要となるのが、
この10万キロあたりからだといわれています。

 

でも、よくメンテナンスされていたり、
駐車スペースに屋根があって、風雨の影響をあまり受けなかったりした車なら、
10万キロを超す走行距離でも、わりといい値段で買取してくれることもあります。

 

10万キロはあくまで目安に過ぎません。

 

10万キロを超えていても状態がよければ、けっこう買取額は
いいかもしれません。

 

複数の買取専門業者を当たって査定してもらうといいですね。
実際にお店を回るのも大変。

 

一括査定なら必要情報の入力に1分程度、かければOKです。

 

 

⇒10万キロを超えた車もこちらで高く売りましょう♪